Fitbit Charge3が気になる

Fitbit Charge 3 ガジェット

Fitbit Charge 3が発売されましたね。

今回のCharge3は、水深50メートルまでの耐水性能を実現しているのだそうで、着用したままシャワーを利用することも可能なのだとか!!

色は観ての通り、グラファイトのアルミケーシングブラックとローズゴールドのアルミケーシングブルーグレーの2色がラインアップされているようですが、個人的にはプラムカラーのCharge3が出ていれば完璧だったんですけどね。

かつてはFitbitと言えば、プラムカラーのイメージだったのですが、いまや子供用でしか、プラムを見ることができませんね。

まぁ、そんな個人的感想はともかく、今回の3は、Fitbitのフィットネストラッカーとして初めて、相対SpO2(血中酸素飽和度)センサを搭載したのだとか。

なんのこっちゃ?って感じですが、どうやら酸素飽和度(SpO2)というのが、肺や心臓の病気で酸素を体内に取り込む力が落ちてくると下がるもののようで、一般的には指先にクリップ状のプローブを装着して測定するのだとか。

まぁ、調べてみたところでなんのこっちゃですけどね。

値段は、参考小売価格は税抜2万3630円となるようですけど、買うならCharge3とVersa、どっちがいいのでしょうね?

活動量計とスマートウォッチの差があるので比較するのも難しいんですけどね・・・。

コメント